2010年8月18日水曜日

熊野古道で「牛馬童子」の頭部がバス停ベンチでみつかる

世界遺産の紀伊山地の霊場と参詣道に含まれている熊の古道で2008年6年に「牛馬童子」の石像の首が切断された事件があり、首が行方不明のまま修復がなされていましたが、その首が和歌山県田辺市のバス停のベンチで発見されたようです。

詳細は下記リンク

熊野古道:「牛馬童子」の頭部か 和歌山・バス停ベンチに


世界遺産オンライン事典:紀伊山地の霊場と参詣道

0 件のコメント:

コメントを投稿