2010年8月10日火曜日

アルダビールのシャイフ・サフィーアッディーン廟とアンサンブル神殿

Sheikh Safi al-din Khānegāh and Shrine Ensemble in Ardabil

アルダビールのシャイフ・サフィーアッディーン廟とアンサンブル神殿は16世紀のはじめから18世紀に建てられており、スーフィーの精神への回帰から、イランの伝統的な建築の形式を採用している。建設者は限られたスペースを、多くの機能が含まれるように最大限活用しており、図書館、モスク、学校、霊廟、貯水槽、調理場、パン工房やいくつかの仕事場などが含まれている。遺産にはファイフの霊廟へ通じる道も含まれている。道はスーフィーの神秘主義の7段階を表す7つの段に分けられており、スーフィーの8の態度を示す8つの門で区切られている。またこの遺産にはファサードや豪華に装飾されたインテリア、優れた骨董品のコレクションも含まれている。これらは中世イスラム建築の要素を凝縮した希少な例となっている。

(ユネスコ世界遺産センターに記載されている文の和訳(一部意訳)。ミスがある場合はご指摘いただけるとありがたいです)

ユネスコ世界遺産センターのページ
http://whc.unesco.org/en/list/1345

世界遺産オンライン事典のページ
http://worldheritage.is-mine.net/r00898.html

0 件のコメント:

コメントを投稿