2010年8月10日火曜日

オーストラリアの囚人遺跡群

Australian Convict Sites

オーストラリアの囚人遺跡群は18世紀から19世紀に、オーストラリアの地で大英帝国によって建てられた何千もの刑場遺跡から、11の刑場を選んで登録された世界遺産である。主にシドニー付近とタスマニア、ノーフォーク島とフレマントル付近の肥沃な細長い海岸線に位置しており、アボリジニの人々がそこに移住するよう強制された。何万もの男女、子供がイギリスの判事によって強制的に囚人収容所に送られ、居住していた。懲罰的な投獄と収容所を建設するための強制労働者への更正という点によって、刑場にはそれぞれ特別な役割があった。この遺産は大規模な囚人の移送と、強制労働者を用いたヨーロッパ勢力による植民地拡大の、現存する最も優れた証拠と考えられている。

(ユネスコ世界遺産センターに記載されている文の和訳(一部意訳)。ミスがある場合はご指摘いただけるとありがたいです)

ユネスコ世界遺産センターのページ
http://whc.unesco.org/en/list/1306

世界遺産オンライン事典のページ
http://worldheritage.is-mine.net/r00896.html

0 件のコメント:

コメントを投稿